佐藤愛子【顔騎】冷静・無慈悲なダイナマイト顔面糞圧迫

AV鑑定団

作品の見どころ
  • 顔立ちの整った欧州風美女
  • 日本人離れしたダイナマイトボディ
  • 寡黙で無慈悲な女王様プレイ
  • 漏斗を咥えさせて放尿する強制飲尿プレイ
  • 全体重を乗せた胡座顔騎
  • ウンコまみれのまま顔面ロックする組技69

徹底レビュー

生中太郎
作品の見所・ポイントから解説していこう

ぽっちゃり美人、佐藤愛子

佐藤愛子は、スカトロ業界ではトップレベルの美人である。

整った顔立ち、彫りの深さは、外国人の血が混じっているかのようだ。

また、バスト90cm、ヒップ90cmのダイナマイトボディ。

そのカラダつきまで完全に日本人離れしている。

(本当にハーフかどうか、詳細は不明)

肉感あるボディはウンコが映えるため、全身糞塗りのスカトロプレイに適している。

すなわち佐藤愛子は、本シリーズにはバッチリの逸材だ。

寡黙で無慈悲な女王様

本シリーズ「糞顔騎」は、汚物を顔面騎乗位で圧迫し続ける、女優が責める側のSMチックな作品である。

本作品においても、佐藤愛子は超絶パワフルな顔面騎乗位で男を蹂躙する。

ただし、同シリーズの他作品と異なるのは、彼女が寡黙なプレイスタイルという点である。

本作品における彼女は、口数が少なく、常に無表情である。

だからこそ、無慈悲で冷血な、女王様プレイが引き立つ。

一方で、ウンコへのアグレッシブさやウンコ好きの表現は、他の女優よりも劣るのだが。

おすすめプレイ・シーン

本作品は40分の短編作品であり、絡みは1シーンのみである。

ただし、その40分の中で、「ウンチ」、「オシッコ」、「食材メッシー」と濃厚なプレイが繰り広げられる。

そしてそれらの汚物は、佐藤愛子のデカ尻顔面騎乗位で、男の顔面に押さえつけられるのだ。

以下に、おすすめのシーン・プレイを紹介していこう。

全体重を乗せる胡座顔騎

本作品のタイトルにもなっているメインプレイ、圧迫顔面騎乗位。

仰向けになっている男の顔面にマンコを押し付けるパワフル女王プレイだ。

ただし、男の顔面に押し付けるのは、マンコだけではない。

マンコを使って、糞、尿、食品汚物を押さえつけるのだ。

そして、本作品における特徴的な顔面騎乗位、それは全体重を乗せる胡座顔面騎乗位である。

男の顔面の上で胡座を組むことによって、佐藤愛子の全体重がマンコに一点集中し、男の顔面を最大限に圧迫するのである。

ふくよかな体型の彼女の全体重によって汚物を押し込まれる顔面騎乗位は迫力満点だ。

同シリーズの中でも、この胡座顔騎は珍しく、寡黙な彼女の無慈悲なプレイスタイルに上手くマッチしている。

パン粉まみれの食材メッシー

本作品では、大量の食材を使った、食材メッシープレイを堪能することができる。

豆腐、トマト、弁当、食パン、コーヒーゼリー、生卵、パン粉、などなど。

佐藤愛子は、それらの食材を素足で踏み潰す。

ネチャネチャといやらしい音が心地よい。

食べ物ではなく、もはや汚物と化した液状の物体を男の顔面に乗せて、マンコで押しつぶす。

非常に汚らしく魅力的で見応えたっぷりのプレイである。

咥えた漏斗に放尿・強制飲尿

本作品では、佐藤愛子による計3回の放尿が描かれる。

全て男の顔面にぶっかけて飲尿を押し付ける。

中でもハードで秀逸なのが、男に漏斗を咥えさせて強制的に飲尿させるシーンだ。

2Lペットボトル製の大きな漏斗にドボドボと勢いよく尿が注ぎ込まれていく。

大量に貯められた彼女の黄金尿がいやらしい。

貯まった尿を絶対に飲ませるよう、ペットボトル漏斗をガッチリと男の口に押さえてつけて離さない彼女。

それでも最後、耐えきれず吐き出してしまう男に、「出してんじゃねーよ」と吐き捨て、往復ビンタを喰らわせる女王様プレイが素晴らしい。

全体的に寡黙な彼女だが、しっかりと暴力的である。

ウンコを顔騎で圧迫

残り10分のタイミングで、ついに佐藤愛子の生脱糞が披露される。

仰向けになっている男の顔面に直接ぶっかける脱糞顔面落とし。

黄土色で赤みのない、柔らかめのウンコである。

脱糞したウンコを彼女自ら、自分のお尻に塗りたくり、糞顔騎の準備完了。

ウンコまみれとなったマンコと尻で男の顔面を押さえつける圧巻のプレイだ。

顔面ロック手コキ69

ウンコと潰れた食材で汚物まみれとなった男女。

本作品の最後に、佐藤愛子は最もパワフルな組技を披露する。

勝手に名付けて「顔面ロック手コキ69」だ。

69(シックス・ナイン)、つまり、男女で頭の位置を反転させ、それぞれの顔面が互いの性器に密着する体勢をとる。

その上で、彼女は糞まみれの下半身で男の顔面をロックし、力いっぱいマンコを押し付けるのである。

さらに男のチンコを手にとり、力任せの手コキで無理やりシゴく。

身動きが取れず、抵抗できないまま、たまらず射精してしまう男。

最後は、賢者タイムとなった男に、濃厚キス・痰壷で責める彼女。

見事なまでの、無慈悲でパワフルな糞まみれプレイである。

評価

生中太郎
作品のまとめ、評価は以下の通り

まとめ

寡黙で淡々と行われるプレイが緊張感があって興奮する。強制飲尿や胡座顔騎乗、糞塗り顔面ロックと、過激なプレイが繰り広げられる一方で、常に冷静な佐藤愛子。そのギャップが非常に刺激的だ。

各シーン概要

評価

無料サンプル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました